TWITTERハジメマシタ→→→green_culte
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 憶えたての楽園で遊ぶ指編み | main |
【JUN MIKAMI:UNUBORE KNIT発売HAPPY BIRTHDAY!!!!!!!】
__.JPG
ウヌボレタ夜にコンニチワ

スンマセン、告知デス。
すでに何週間か前にAquvii Tokyoで先行発売しましたが
ウヌボレニット誕生日を迎えマシタ。

謎の美女ジュンミカミ

「ヤナギダ君、ワタシの本出す事にナッタノ」「絵、描いてクレナイ?」

あいかわらず喋り口調は場末の娼婦

出会いは表参道の裏の裏のヴィンテージギャラリー「ズュース」
謎の美女は微炭酸な人見知り。展示では、だいたいが右手に赤ワイン

「ヤナギダ君、見セタイ物があるの。」
「何?」
「恥ずかしいから今度ね」
出版日程も決まって、イメージするためにジュンミカミが見せてくれた恥ずかしいハチミツは、やけに時間を感じるヨレヨレのノート


めくるとビッシリとファッション誌から切り抜かれたオシャレモデル達のスクラップ

謎謎の多いジュンミカミの思春期と言えばヒキコモリ。
学校を辞めたいがためにスキンヘッド。
16歳から19歳ぐらいまでを死にたい願望と断食の繰り返しで時間をすごす

そんな中、祖母から習った記憶がある編み物がシャベリ相手。それは、ヤナギダの勝手な想像ですが、やる事と言えば編み物。
そして、ヨレヨレのノートに自分のアコガレなオシャレをスクラップする事

「ヤナギダ君、色エンピツ持ってるの?」
「あまり、持ってない」
「じゃ、これ使ってよ」

渡されたのは、小学校の時にプレゼントされたらしい色鉛筆。
何と言うもの持ちの良さ

ジュンミカミのニットと言えば、憎らしいほどの頑丈さと微炭酸な変態さ

さすがヒキコモリで培っただけあって、編み込みはすべて自己流。
エンピツでラクガキするようにして編み込まれた毛糸は時に何重にも繰り返して、当然編み図にするのは不可能

頭を抱えるのは、編集者のハルカさん

一冊の本
ひとつの出来事が生まれるまでの音楽隊
今回で言えば、ハルカちゃんが指揮者で、ジュンミカミが女王蜂ヴォーカル。
カメラマンのアッちゃんとヤナギダがギターとベース
当然、それぞれが本気なだけに鳴り響くサウンドはトランス。

美食がヨロコビのハルカちゃんも食が通らずCTスキャン送り

絵を描く場所は、ミカミジュンのポップアップをかねたラフォーレ原宿。
時間を見つけて抜け出してはラフォーレのカフェでダメ出し打ち合わせ。

PCを持たないヤナギダの原画にハルカさんはフルマラソン電車旅

そんな感じで、
モチーフは、ジュンミカミのヒキコモリ時代から始まるヨレヨレノート。
使った色エンピツは小学校の時のプレゼント
どうせなら、ヒキコモリ時代の栄養に赤い糸を結びつけて、アコガレていたヨレヨレノートに張り付いていたオシャレモデル達にジュンミカミのニットを着てもらおう
そんな雰囲気の一冊にウヌボレテマス。

一冊の本、世の中にはたくさんあって、何も感じなければ、そのまま通りすぎてシマウけど、
その一冊の中には、いろいろな時間とハチミツが詰まっていて、一冊一冊の本、一つが一つの劇団みたいなもんなんだなと、今回は知る事ができたのかな?
相変わらずのミッドナイト長話ですが、気が向いたら、そんなハチミツをヨウコソ

女王蜂ジュンミカミちゃん?さん?
カメラマン、アっちゃん
サンキューファンタジー!!!

あと、実はニット本世界では、異色の作風だけに、プレゼンだけ会社にして、ヒソヒソとフィニッシュまで進行状況を秘密にしながら汗水垂らして作りあげた編集のハルカさん、お疲れチャンとアリガトウ。
もう、美食のお時間がノックしてきますね。

とりあえず、ウヌボレタ一冊がヒキコモリの小窓の時間からハチミツをぶらさげて生マレマシタ。

HAPPY BIRTHDAY!!!!!!!

本屋の本棚にはさまったたら、気が向いたらヨウコソ。
そのまま、平置きにすると編集のハルカちゃんはヨロコビのダンスをシマス。
本屋になければ、ウヌボレニットはないんですか?と吐息を漏らすと編集のハルカさんがヨロコビのダンスでCTスキャン送りにナリマス。

ヨロシクファンタジー!!!!!!!

そして、先行発売と原画とボツ絵展示してくれたAquvii Tokyoさんとコーディネートしてくれた魅惑のベトナム帽チャンピオン、アリちゃんサン。

サンキューファンタジー!!!!!!!
店のドアノブに杏仁豆腐ブラサゲトキマス






スポンサーサイト
はじめまして。やなぎださんの大ファンで、インスタ拝見させていただいています。実はこれから輸入雑貨のビジネスをはじめようと思っていて、やなぎださんに会社のロゴ作成をお願いできないかと思いましてご連絡致しました。もしご興味ございましたらお返事いただけますか?よろしくお願い致します。

村田 美奈
Regalito del mundo | 2016/03/08 08:15
Hello Masami, mi name is Warpola from Mexico. I lov your work congrats!. Im the editor for the magazine Gus Ultramar, i used one of your ilustrations for the poem "Cuando fui Sophie Calle" of the great poet Monica Nepote, this is the link http://gusultramar.tumblr.com/post/140401570240/cuando-fui-sophie-calle-mi-antiguo-mejor-amigo

I really hope you liked it, thanks, and grettings from Mexico.
Warpola | 2016/03/04 05:26
COMMENT









Trackback URL
http://masamiyanagi.jugem.jp/trackback/1116
TRACKBACK